2010年07月09日

留学の費用

留学費用について

生きた英語を学ぶために海外へ留学して生活する。

なんて話を耳にした事がある人も多いと思いますし、実際に興味を持っている人も居るでしょう。

では留学をするための費用がどれくら

いかかるのかアメリカを例にして見ていきましょう。


ひと口に留学といっても掛かる費用は様々です。

まずは留学先の授業料です。

公立か私立か、都市部か郊外かなどによって変わってきますが大学だと50万円から150万円、短大でも30万円から100万円程度と安くはありません。

専門的な学校や大学院になると更に費用がかかりますが、語学学校などを利用すれば20万円程度に抑える事も可能です。


次に居住費ですが、普通の家庭にホームステイしたり学校の寮を利用するなどの方法があります。

住んでいる土地にもよりますが、平均すると年間5万円から15万円といったところのようです。

その他には食費や服飾費、交遊費といった生活費も当然必要になってきます。

こちらも住んでいる土地の物価にもよりますが、10万円程度は用意したいところです。

学生寮などでは寮費に食費などが含まれている場合もありますので、寮に住めるかどうかを確認しておくと良いでしょう。


その他にも学生ビザが必要になります。

これは短期留学でも必要になり、発行手数料として3万円〜4万円ほどかかります。

作成書類などが多く手間がかかるので留学斡旋業者に代行をお

願いするとぐっと楽になります。

忘れてはいけないのは渡航費です。

普通にチケットを用意すると10万円近くかかってしまう場合もありますが、最近では格安パックなどがあったりするので旅行会社などに問い合わせると安く抑えられるかもしれません。
posted by 費用 at 00:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

弁護士の費用

弁護士費用について

ニュースなどで裁判の話題になると良く出てくるので「弁護士」がどんな仕事をしているのか、なんとなく知っている人は多いと思います。

もちろん大きな刑事事件だけではなく、一般家庭で起きるトラブルなどの相談や家庭裁判所などの民事事件でも仕事をしています。


それでは弁護士に仕事を依頼するとどれくらいの費用がかかるのでしょうか?


弁護士費用といってもいろいろ細かく分かれています。

ここでは「知人に貸した300万を回収したい」という案件を例に見ていきましょう。


「着手金」は仕事の結果に関わりなく払わなければならない費用で、平均して7〜10%程度掛かるようです。


「報奨金」は相談した案件が解決した時のみ支払う費用で、平均して10〜15%程度になります。


「手数料」は内容証明書などを発行した場合に掛かる費用で、平均して1%程度です。


「時間金」は法律相談や書類作業などの場合に掛かる費用で、平均して1時間に1万円程度です。


「顧問料」は月を通しての契約料で、個人だと月3万円程度で法律相談や作業を優先してくれたりしてくれます。


その他にも実際に掛かった「実費」や出張や裁判出廷をする場合には「日当」として数万円必要になります。


相談案件が「知人に500万円…」などと動くお金が大きくなると、費用に掛かる割合が下がっていくので実際にどれくらいの費用が掛かるのかは弁護士に相談してみないと解りません。


最近ではメールでの無料相談や最初の1時間は無料といったサービスなども行われていますので、そういったサービスを利用して費用を抑えると良いですね。
posted by 費用 at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

費用対効果

費用対効果について

みなさんは「費用対効果」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
解りやすく説明すると「支出した費用に対してどれだけの効果が得られたか」という事です。

極端な話、1万円使って3万円の利益を得られるのと同じ1万円を使っても5万円の利益を得られた方が「費用対効果が高い」という事になります。

同じような意味合いの言葉で「コストパフォーマンスに優れている」なんて言い方もするので、そちらを聞いたことがある人も居るでしょう。


具体的にはどのような時に使う言葉でしょうか。

インターネット広告を例にみてみましょう。

A社が広告料として10万円使って1ヶ月後の契約数が5件だったとします。

対してB社は広告料として50万円使い、契約数が10件だったとします。

一見するとB社の方が契約数が多く利益を上げているように見えますが、契約1件あたりの費用を見るとA社は2万円なのに対してB社は5万円も使ってしまっています。


もちろんA社が倍の20万使っても契約が倍になるとは限りません。

ですが費用対効果を高めるということは少ないリスクで大きな利益を得られる、つまりローリスクハイリターンとなるのです。

逆に言うとB社が契約数を上げようと更に広告料を上げた時に、今より契約数が下がってしまうという事も考えられます。


少ないリスクで大きな効果を得られるようにする事で、計画が失敗した場合などの損失を低く抑える事にも繋がります。

物事を進める場合は見た目の数値に惑わされないようにしなければなりませんね。
posted by 費用 at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

廃車費用

廃車費用について
車を使わなくなったり修理できないくらい壊れてしまった場合にはどうしたらいいでしょうか?普通の家電製品のように粗大ゴミに出すわけにはいきません。その場合は廃車手続きをする事で車を手放して廃棄できます。大型ゴミの回収も有料なように、この廃車手続きにも費用がかかります。
どのくらいの費用がかかるのかは、廃車を依頼するカーディーラーや中古販売店によっても変わってきます。ディーラーなどに依頼した場合は2万円から3万円ほどの手数料になります。ディーラーなどに依頼せず、自分で全部の手続きを行えば手数料を半額程度に抑える事ができますが、書類手続きなどもありますので時間がない場合は依頼した方が手間がかかりません。
それに加えて平成17年に制定されたリサイクル法によってリサイクル料を支払う必要があります。リサイクル料はメーカーや車種によって違いがありますが、軽自動車だと8000円、普通車だと1万円、外車だと2万円前後が相場となっています。
廃車をする前に調べておくとお得な事がいくつかあります。業者によってはかなり破損のある自動車でも買い取ってくれますし、値段がつかないような車でも無料で引き取ってくれるようなところもあるので、上手く利用すると廃車費用の節約になるでしょう。
廃車登録手続きを行うと、その自動車にかかっている自動車税・自賠責保険・任意保険・自動車重量税などからいくらかお金が戻ってくる場合があるので忘れずチェックしてみてください。
posted by 費用 at 01:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

妊婦検診の費用

妊婦検診の費用について
女性にとって妊娠出産は大きなイベントです。

妊娠すると出産までに40週間以上もかかり、その間の健康状況には細心の注意を払わなくてはいけません。

その為に妊娠した女性は産科のある病院で定期的に検診を受ける事を強くオススメします。

妊婦検診は定期的に行うものですが、妊娠経過週によって頻度が変わってきます。


23週くらいまでは月に1度、それから35週までは月に2度、それ以降は週に1度となっています。

もちろん出血や腹痛などの異変があればすぐに病院へ行くようにしなければなりません。


妊婦検診は病気ではないため、健康保険が適用されませんので費用は実費になります。

ですが検診で何かトラブルなどがあって別の検査や治療を行った場合には、健康保険が適用されるので大丈夫です。

また自治体などによっては数回分の無料受診票が貰える場合がありますのでチェックしてみましょう。


費用に関しては実費であるために病院などが費用を設定できます。

なので検診内容は似たようなものであってもバラつきがあるので注意してください。

相場としては2000円から6000円程度で、総合病院などでは4000円程度のところが多いようです。

検査内容としては血液検査は精密な超音波検査を行った場合などは高くなってしまいます。

また時間外や休日などに検診を行う場合も高くなってしまうので、しっかり予定を立てて受診するようにしたいですね。
posted by 費用 at 13:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

入院の費用

入院費用について
普段健康な人も突然病気になってしまうことはあり得る事です。そんな時は病院で診察を受けますが、場合によっては入院なんて事もあるでしょう。突然起きるかもしれない入院に対する備えも必要です。それでは一般的な入院の費用についてみていきましょう。
入院費用の相場ってどれくらいなんだろう、という疑問を持つ人も多いでしょう。しかし入院費用の平均を出すのはかなり難しく一概には言えません。病状や入院日数、検査内容によって様々です。
大まかなデータだと10万円から30万円程度の費用が平均値になるようですが、とりあえずは「最低でも10万円以上かかる」と考えておきましょう。重要なのは「同じ病気でも病院によって入院費用が変わってくる」ということです。そして入院費用が高いからといって良い病院だとは限りません。
入院費用に対しては健康保険が適用されますので、通院と同じように3割の自己負担となります。これは病状が確定する前の検査入院でも適用されるので安心してくださいね。ただし人間ドックのような自主的に行う健康診断の場合は全額実費となりますので注意しましょう。
入院保険などに加入している場合は入院日数などに応じて給付金が支払われますし、入院費が高額になった場合などは高額医療費制度を利用すれば一定額以上の費用は戻ってくるので確認しておきましょう。入院費用が高額になるのが解っていてすぐに入院費を用意できない場合は高額医療費支給額の8割を前もって無利子で融資してくれる「高額医療費融資制度」というものもありますので困ったときは医療機関に相談すると安心です。
posted by 費用 at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

乳がん検診の費用

乳がん検診の費用について

女性特有の病気はいろいろありますが、ここでは乳がんとその検診費用についてみていきましょう。

病院によって費用は異なりますが、乳がん検診のセット費用として平均すると5000円〜10000円になっているようです。

市や自治体によっては無料や2000円程度の費用で検診を受けられたり、40歳以上の人は無料だったりといろいろな制度がありますので、調べてみると良いでしょう。

また会社の健康診断などのオプションなどにもある場合などに安く検診を行えるでしょう。

乳がん検診で精密検査などが必要になった場合などは、別途費用が発生する事になります。

問診、触診、超音波検査にマンモグラフィ(乳房のレントゲン)などが一般的な検査内容になります。

1時間程度で終わり、しこりや痛みなどの自覚症状などがあると保険診察として3割負担になるようです。


また病院で検診を受ける時間がなかったり近場にマンモグラフィ検査が出来ない、という人の為に自宅でセルフチェックを行える検査キットも販売されています。

生活習慣病+糖尿病+乳がん自己触診用グローブなどがセットで数千円で購入できるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。


乳がんは自分でもある程度の自己診断ができますし、早期発見・早期治療を行う事で後遺症のなく治せます。

最近では乳がん検診を受けやすいように女性医師などが検査をするようにな病院も増えてきているので、男性に胸を見せるのは…と思う人なんかはちょっと確認してみると良いでしょう。
posted by 費用 at 23:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

登記の費用

登記費用について

不動産の売買や所有権を移転した場合には登記の作成や変更を行う必要があります。

登記をどのように変更するのかによって税金などが変わってくるため、司法書士などに作成をお願いする事になりますが、こちらもやっぱり報酬が細かく変わってきます。


例えば不動産を売却する場合に発生する「抵当権抹消登記」ですが、地域によって多少の差はありますが平均すると1件1万円程度になり、内1000円が実費になります。


また売買などで発生する「所有権移転登記」では、土地に掛かる登録免許税として不動産評価額 × 1%、建物に掛かる登録免許税として不動産評価額 × 2%となります。

それに加えて司法書士報酬として不動産評価額が1000万で3万円ほど掛かる計算になります。

贈与や財産分与で所有者移転登記を行う場合は登録免許税が少し高くなるので注意しましょう。


登録免許税は不動産評価額によって細かく決められているので、司法書士に相談する前に参考資料としてしっかり確認しておく事が重要です。

現在は司法書士事務所ごとに報酬価格を自由に設定できるようになっているので、事務所によって報酬が変わってきています。

例えば新築物件の登記に掛かる費用では、事務所によっては3万円定額であったり不動産評価額によって2万円〜と細かく分かれていたりするのです。

事務所によってはオンライン申請を行う事で5千円程度の登録免許税の減額を行えたりするので、上手く利用して費用を抑えて賢く利用しましょう。
posted by 費用 at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

帝王切開の費用

帝王切開の費用について

妊娠出産の際には定期的な検診を行います。

胎児が極端な未熟児だったり逆子だったりで自然分娩が難しいと判断された場合には、外科的手術を伴う「帝王切開」を行わなくてはなりません。


では実際に帝王切開を行った場合は、通常の出産と比べて費用はどれくらいになるのでしょうか。

同じ出産行為ではありますが、自然分娩と帝王切開には根本的な違いがあります。

自然分娩は治療行為ではないので健康保険の対象外ですが、帝王切開の場合は健康保険の対象となります。

それでは帝王切開を行えば出産にかかる費用が3割負担になってお得になるのでしょうか。実はそうはなりません。

健康保険が適用になるのは帝王切開に関わる費用のみで、それ以外の入院費などはそのまま自己負担になってしまいます。

つまり帝王切開は自然分娩での費用にプラスアルファされるということです。

では実際に帝王切開を行うとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。


健康保険が適用されて3割負担で10万円となります。

自然分娩の費用が30万円程度なので合わせて40万円ほどになる計算です。

ですが生命保険に加入していると保険料がもらえますし、10万円の治療費だと「高額医療費制度」を利用すれば還付金の対象にもなりますので忘れず確認しておきましょう。


そのほか、健康保険に加入していると40万円程度の出産一時金やサラリーマンですと出産手当金などの助成が受けられますので帝王切開での負担を軽減することができるでしょう。
posted by 費用 at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

地鎮祭の費用

地鎮祭の費用について
土木工事や新しく家を建てる場合などに必ずといって行われるのが地鎮祭です。

これはその土地の神を奉る事でその土地を利用させて貰う許しを得るという儀式で、日本独特の風習と言ってもいいでしょう。


それほど頻繁に見かける儀式でもないですし、家を建てる機会となると人生で2回はないんじゃないでしょうか。

ここでは地鎮祭を行う時に何を用意して、費用はどれくらいなのかについてみていきます。


初穂料(玉串料)と言われるご費用として3万円から5万円程度を神主様(宮司様)にお渡しします。

それから神主様(宮司様)のお車代として5千円程度必要になります。

地鎮祭を行う準備として使用する竹や砂などの費用を建築業者に1万円、そしてお供え物としてのお酒や魚の購入費が2万円程度となり、トータルで10万円近くかかる計算になります。

それ以外にも工事前の挨拶をご近所にしますが、1件あたり2000円くらいを目安にすると良いでしょう。

ちなみに地鎮祭に参加する時にはどんな服装をしたらいいのか悩むかもしれません。

祭事といってもそれほどかしこまる必要はなく、セーターにジーンズといった格好でも問題無いそうです。

わざわざスーツを買ったりする必要はないので安心してください。

ただ地面が砂地なので、天気が悪い時は靴や足許が汚れてしまうので注意しましょう。

ですが参列者が多い、またはビルなどを建てるといった時にはスーツにネクタイといった服装にしておくと周りに合わせやすくて安心です。
posted by 費用 at 21:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

体外受精の費用

体外受精の費用について
妊娠を望む夫婦でも体質などの問題で不妊に悩まされる人も多いです。自然妊娠が難しい場合は人工的に妊娠させますが、その方法はいくつか存在します。ここではそのひとつ、体外受精について基本的な知識と費用をご説明したいと思います。
体外受精とはその名前の通り、体の外で受精卵を作って培養します。受精卵が4分割されたタイミングで子宮内に移植するという流れで行います。最近ではもっと培養を進めた段階で移植するので成功率がさらに高くなっています。その妊娠率は25%ほどで人工受精などと比べると成功率は倍になっています。
では費用はどれくらいかかるのでしょう。まず体外受精は健康保険の対象にならないということを覚えておいてください。そのため費用はすべて実費になるので、かなり高額になってしまいます。病院によって費用は様々ですが、平均すると20万円から40万円ほどになります。これはあくまでも人工授精の費用ですので、検診や薬にかかる費用とは別になります。
また成功率の高い体外受精ですが、いくつかのデメリットも存在します。1つは双子(またはそれ以上)の可能性が増えることです。妊娠率を高めようとするため起きてしまいます。また流産してしまう確率も自然妊娠と比較すると高くなってしまうそうです。また受精に必要な卵子を採取する時には全身麻酔の上で針を刺しますが、ごくまれに出血量が多くなってしまったり麻酔に対して過剰な反応をしてしまう場合があります。最近では無麻酔での無痛処置や局所麻酔での処置を行うようになっているので、不安に思う人は事前に採取方法について確認しておくと良いでしょう。
posted by 費用 at 23:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

増築の費用

増築の費用について
家を建ててから年月が経つとお子さんが増えたり両親と同居したりと何かと手狭になる事もあると思います。そんな時は増築をするという方法がありますが、家の増築は大がかりですし時間もかかります。どれくらいの費用がかかるのかが一番気になるポイントなのではないでしょうか。
増築の費用と言ってもリフォームの規模はそれぞれですし、業者によっても変わってきます。ここではいくつかの例をご紹介しますが、まずはいくつかの専門業者に見積もりを出してみるようにしましょう。
例えば玄関先のスペースを利用して4畳半ほどの部屋を増築したケースでは、電気設備と電気錠を使用して230万円となっています。増築スペースが小さくキッチンやトイレといった水回りの設備がないので比較的安く済んでいます。2階建ての家を2坪広くしてコンパクトキッチンを設置した例では700万円ほどの費用がかかっています。
これらはもちろん一例ですので同じような増築を行っても費用は変わってくると思います。建築素材や工期など、施工主によって条件はいろいろですが、気をつけなければならない事があります。
家を増築する際にはいろいろな法規を守らなくてはなりません。ひと昔前に違法増築が増えた結果、最近では法規が厳しくなっています。単純に2階建ての家を3階建てに増築…なんて事はまずできないと思って良いでしょう。また、大規模な増築を行う際には「確認申請書類」と「役所の検査済み証」が必要になるので忘れないようにしなければなりません。
posted by 費用 at 01:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

葬式の費用

葬式費用について
ある程度の年齢になると身内の葬式に参加する機会が増えてくると思います。普段は気にしない葬式の費用ってどれくらいなのかご存じでしょうか。なるべくなら葬式をするような立場にはなりたくないですが、その日は突然やってきます。もしものために、葬式にかかる費用について知っておくのも悪くないかもしれません。
ですが葬儀社や葬式の規模によって変わってきますので相場はあってないようなものです。ですが実際に葬式をした人などから聞いた目安としては、150万円から180万円程度になりそうです。なるべく費用を抑えたい、という人はもっと安くする事も可能です。極端な話、葬式をまったく行わずに火葬だけで済ませるという選択肢もあります。そうすると30万円程度になりますが、送り出される人にとっては最期のお別れです。後で後悔しないように良く考えて選択しましょう。
また葬式費用以外にもお寺などにお渡しするお布施というものがあります。目安としては20万円から50万円くらいですが、お寺によってかなり違ってきますので、葬儀社に相談したり葬式を経験している人に聞いてみると解りやすいでしょう。それ以外にも葬儀参加者に振る舞う料理や香典返しなどがありますので、それらを含めてどれくらいの規模で行うかが重要になってきます。
posted by 費用 at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

葬儀の費用

葬儀費用について
普段の生活では意識しませんが、ある程度の年齢になってくると経験するようになるのが葬儀です。それほど何度も経験するような物ではないですが、葬儀を突然行わなければならなくなってしまう事もあるでしょう。大抵はいろいろ忙しい中で準備を行う事になりますが、その葬儀の費用ってどれくらいかかるのでしょうか?
葬儀にもいろいろな種類があります。火葬だけで式を行わないようなものから、身内だけで済ませたり、逆に人数を集めて豪華にしたりと様々です。ここでは一般的な葬儀にかかる費用をみていきます。
まずは葬儀社に支払う葬儀料ですが、平均すると150万円ほどになります。それに加えて弔問客に対する飲食接待費として40万円前後、そして寺院に支払う費用として50万円と合計すると240万円程度になります。ちなみに寺院への支払いには読経料や戒名料などが含まれています。
病院側に支払う費用としては遺体搬送費というものがあります。基本料金を1万円として、プラス10キロで3千円、プラス20キロで5千円が追加されるのが平均の相場です。
その他の費用として世話役に1万円程度、手伝って貰った方にも数千円程度の心付けをお渡しするのが葬儀の慣例となっています。そして忘れてはならないのが香典返しです。戴いた香典の半額程度が目安ですが、最近ではギフトカタログを利用するケースが増えています。
葬儀費用を安く抑えるコツとしては、互助会に入って積み立てをしたり特約付きの生命保険を利用するといった方法があります。大抵の葬儀社ではこちらの予算を伝えると、その範囲内で調整してくれるのでまずは相談してみましょう。
posted by 費用 at 23:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

訴訟費用

訴訟費用について
借金の取り立てなどがこじれて民事訴訟を行う場合、その費用はどれくらいかかって誰が支払うのでしょうか。普段経験する事がないだけに知らない人の方が多いでしょう。ここでは訴訟費用について考えてみたいと思います。
民事裁判を行った場合の訴訟費用は原則的には敗訴した側が負担することになっています。訴訟費用は大きく分けて「手数料」と「手数料以外」の2種類に分類されています。手数料ですが、これは訴訟の目的となる評価額が100万円以下では10万円ごとに1000円、500万円までは20万円ごとに千円というように、評価額によって変わってきます。
手数料以外の費用としては旅費や日当、書類作成料などがあります。旅費はチケットなどで証明できれば実費が支払われ、日当は1日あたり約4000円が請求されます。遠方から来ていて宿泊する場合は8000円程度が請求対象です。書類作成代金は1000円程度なのでそれほど気にしなくても問題ないでしょう。
上記を合わせた総額が訴訟費用として敗訴した側が支払わなければなりません。当然借金の返済の訴訟だった場合は判決で出た金額を返済する必要があります。
刑事訴訟の場合は被告人の有罪が確定した場合に訴訟費用の一部を負担する場合があるようです。もっとも被告人の立場になった時にもっともかかる費用は弁護士費用でしょう。自分で雇った場合は数十万円の出費となりますし、裁判が長引けばどんどん増えてしまいます。
posted by 費用 at 23:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

人工授精の費用

人工授精の費用について
結婚して子供が欲しい夫婦でも何らかの原因によって妊娠が難しい場合があります。その場合には人為的なサポートを行う必要がありますが、その内の1つがこの人工授精です。人工授精は人為的に行う受精技術でもっとも古い歴史があります。それだけに安全性などの問題がクリアされていますが、1度で必ず成功するとは限りません。回数を繰り返すにあたって最も気になるのは費用でしょう。
この人工授精は医療行為ではありませんので健康保険の対象にはなりません。すべて実費になってしまいます。ですが1回の費用は1万円から3万円程度と比較的安いのでそれほど心配する事はないでしょう。ですが、先ほども述べましたが成功率は低く10%くらいしかありません。それ以外にも回数を重ねていくと段々成功率が下がってしまうというデメリットがあります。
他にも女性の排卵日に合わせる必要があるのでスケジュールが限定されたり、子宮で炎症を起こしてしまうといった問題点が確認されています。
この方法は妊娠するまで何度でも行えるようなものではなく、人工授精を行う回数の目安としては10回くらいが限度のようです。最近では技術の向上によってもっと効率の良い方法が出てきているのでこの方法を使う人は減ってきているようです。ですが場合によっては安い費用で1回行うだけで妊娠ができますので、高額な方法を選ぶ前に試してみても良いかもしれません。
posted by 費用 at 23:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

商標登録の費用

商標登録の費用について
普段買い物などで何気なく目にしている商品名も、それぞれ「商標」として登録管理されています。そうして管理しておかないと、例えばお米で有名な「こしひかり」なんて関係ない農家が勝手に出したりして混乱しちゃいますよね。これは実在するものだけではなく、例えば会社名などのネーミングも登録が行えます。
それでは商標登録の手順と費用についてみていきましょう。まずは特許庁に商標出願を行います。それが公開されて審査が行われ、問題ないと判断されると登録可能になるのです。ここで気をつけなければいけないのは、審査完了後30日以内に5年分、または10年分の登録料をまとめて支払わなければならない事です。ここまで完了すると晴れて商標権が成立します。
総合的に掛かる費用ですが、まずは出願時に「3400円 + 登録区分 × 8400円」になります。登録区分とは解りやすく言うとジャンルになります。同じネーミングを食品部門とそれ以外の部門でそれぞれ登録しようとすると高くなっていきます。
商標登録料としては5年分料金として「21900円 × 区分数」、10年分では「37600円 × 区分数」となっています。最初の登録年数が過ぎた後の更新登録料は5年分で「26300円 × 区分数」、10年分では「48500円 × 区分数」なので10年分をまとめて支払った方が安く抑えられます。
生活保護を受けていたり所得税非課税者などの場合は費用を一部免除してもらえる制度がありますので確認してみましょう。
posted by 費用 at 22:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

出産の費用

出産にかかる費用について
出産は女性にとって大きなイベントといえるでしょう。出産する時には病院に入院する必要がありますし、場合によっては帝王切開などの外科手術も必要になってきます。では実際に出産の費用はどれくらいかかるのでしょうか。
病院によって費用にばらつきはありますが基本的には「30万円前後」が出産費用と考えていいでしょう。帝王切開を行った場合は「+10万円」が目安になります。ですが病院によっては健康保険が適用されるので安くなったりすることもあるそうです。この場合は医療保険の払い戻しなども行えるので忘れず申請しておきましょう。
それ以外では土日などの週末に出産した場合や深夜などの時間外での出産時には1割程度高くなってしまいます。といっても赤ちゃんは時間を気にしませんよね(;^^)
赤ちゃんが双子だった場合は費用は倍額?と思うかもしれませんが、実際には1.5倍程度です。
出産する病院によっても費用は変わります。一般的には総合病院などより大学病院の方が1〜2割安くなっているようです。
ちなみに支払時期は退院時がほとんどですが、1度に30万円以上の支払いはかなりの負担になります。ですが社会保険や健康保険に加入していれば「出産育児一時金」として42万円が支給されます。赤ちゃんが双子だった場合は2人分もらえますので、出産費用が割高になっても安心です。
前もって出産費用を用意するのが難しいという人は「出産費用資金貸付制度」を利用すると、いわゆる「前借り」ができますので調べてみましょう。
posted by 費用 at 01:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

車検の費用

車検とその費用について
車を買うと燃料代などの他にいろいろと維持費がかかります。まず思いつくのが自動車税でしょう。その他には定期的に行わないといけない「車検」があります。ではその車検とは何をするものなのでしょうか。そして費用はどれくらいかかるのか、詳しく見ていくとしましょう。
通常車検は2年ごとに行います。車検は大きく分けて3種類あり、新しく自動車を買った時に行う「新規検査」と自動車のサイズを変更した場合に行う「構造変更車検」、2年ごとに行う「継続検査」があります。
どれも検査内容は同じで、その車が「安全基準と環境基準」を守っているかがポイントになります。ちなみにブレーキパッドが摩耗しているといった消耗品については検査の範囲外ですが、それらは「定期点検整備」でチェックしています。
車検について誰もが気になるのは車検費用でしょう。まずは自動車重量税ですが、これは自動車の重さで変わります。1トンまでは25,200円、1.5トンまでは37,800円、2トンまでは50,400円で軽自動車は8,800円などとなっています。
その他「自動車損害賠償責任保険料」が2年で22,470 円(軽自動車だと18,980 円)や車検を行う整備会社の立会料などを含めると軽く10万円近くになってしまいます。
最近ではセルフ車検や平日のネット予約などを利用する事である程度価格を抑える事ができますので、いろいろ調べてみると良いかも知れませんね。
posted by 費用 at 23:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

自己破産の費用

自己破産の費用について
借金などの返済が難しくなって経済的に破綻してしまった場合には「自己破産」という手続きを行う事によって、それまでの借金を全て無くする事ができます。それだけを聞くとわざわざ借金を返す必要がないんじゃない? なんて思うかもしれませんが、もちろん簡単には行えませんし、デメリットもあります。
そして当たり前ですが、自己破産手続きを行うためにも費用がかかります。まず自己破産手続きを自分で行うのか、弁護士や司法書士といった専門家に依頼するかで変わってきます。当然自分で行えば安く済ませられ、費用としては3万円程度となります。
弁護士に依頼した場合はどうでしょうか。その場合は着手金として20万円から40万円、それに加えて成功報酬寮として同額の料金が加算されます。これが司法書士になると報酬を含めても30万円程度に抑えられますので、司法書士に依頼するのをオススメします。
専門家に依頼した場合は「法律扶助制度」というものが利用できます。これによって司法書士の場合は10万円程度、弁護士の場合は15万円から20万円ほどの補助金を受けられます。
しかし自己破産には当然デメリットがあります。銀行やクレジット会社などからお金を借りる事が出来なくなったり、マイホームや生活必需品以外のものは売却しなければなりません。そして重要なのは場合によっては自己破産が認められない、という事です。例えばギャンブルで作った借金だったり、会社経営者が帳簿を隠していたりすると自己破産を認められないので注意しましょう。
posted by 費用 at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

裁判の費用

裁判費用について
殆どの人は実際に裁判を行った経験はないでしょう。ですが突然のトラブルで裁判を行わないとならなくなった時になってどれくらいの費用が掛かるのか解らないと大変です。それでは裁判を行う時の費用について説明していきたいと思います。
まず刑事裁判ですが、裁判を受けること自体は無料です。ですが実際にはいろいろと費用がかかってきます。といってもほとんどが弁護士費用と言ってもいいくらいなのですが…。弁護士支払う報酬や実費、裁判1日辺りの日当などが内訳になります。もし証人をお願いした場合には証人に対しても旅費や日当を払わなければなりません。
自分で弁護士を雇う場合は準備期間なども含めて数十万円単位の費用がかかるでしょう。弁護士報酬が高くて雇えない、という場合は裁判所から国選弁護人を雇います。この場合は1回の裁判につき2万円から3万円で済むのです。また損害賠償などを勝ち取った場合には弁護士費用も賠償金に含まれます。といっても殆どの場合は部分費用は自己負担になるようです。
民事裁判の場合はどうでしょう。交通事故で100万円を請求する場合では、弁護士費用として20万円程度かかります。もし100万円全額認められると、弁護士費用として10万ほど上乗せして請求が可能です。少ない金額でいちいち弁護士を雇いたくない、という方は60万円以下の場合に「少額訴訟」が行え、この場合は1人で裁判が可能です。少額訴訟は判決が出るのが早く、1日で終わるというメリットもあるので上手く使い分けると良いでしょう。
posted by 費用 at 21:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

健康診断の費用

健康診断の費用について
サラリーマンの人などは毎年会社で健康診断を受けていると思います。個人事業主だったり転職のためだったりと改めて自分で受けるという人も居ると思いますが、健康診断の費用がどれくらいかかるのかご存じでしょうか。
まず気をつけなければならないのは、健康診断は治療行為では無いため、健康保険の対象にはならないということです。つまり健康診断にかかる費用は全額自己負担ということになります。そして健康保険の対象外ということは、価格設定も病院ごとに違いますので場合によっては割高になってしまいます。
健康診断の内容ですが、基本的には身長・体重・血圧・聴力・視力・問診となっています。会社で受けた経験があると解りますが内容的には変わりません。これで費用は平均して5000円から7000円といったところになります。会社で検査する場合は会社が費用を負担してくれるので、それを考えると結構高く感じてしまうかもしれません。
さらに詳細な検査として、バリウム検査・血液検査・心電図・胸部レントゲン検査などを受けられます。ですがその場合の費用としては3万円から4万円とかなり高額になってしまいます。詳細な検査を行う場合でも、血液検査だけを追加するといった設定もできるオプションが用意されている病院もありますので、必要に応じて病院などを探してみると安く検査を受けられるかもしれません。
posted by 費用 at 01:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

結婚式の費用

結婚式の費用について
人生において大きなイベントのひとつに「結婚式」があります。異性とお付き合いをしていれば結婚について思う事もあるでしょう。ですが結婚にはたくさんの手間と費用がかかります。最近では結婚情報雑誌などもありますが、ここで結婚にかかる費用についてみていきましょう。
予算を考える方法として「招待客の人数を決めて考える」というものがあります。最近では招待客1人あたり3万〜4万円が相場となっているようです。ですがこれはあくまでも目安でしかありません。それだけで予算を考えると設備や場所などがかなり限定されてしまいます。
それでは場所別の費用についてみていきましょう。都内近郊で100人程度の招待客を例にしてみます。ゲストハウスなどを借り切って行う「ハウスウエディング」では420〜450万、ホテルで行う「ホテルウエディング」では380万〜400万、レストランなどで行う「レストランウエディング」では300万円程度が平均相場のようです。
最近では自分たちだけで場所を貸し切って結婚式を演出できるハウスウエディングが増えているようです。ですがハウスウエディングは衣装や装飾品などの持ち込みが禁止されている事が多いので、用意できるものは自分たちで…という節約が難しいので気をつけましょう。
費用を節約する方法としては、シーズンオフを狙ったりあえて仏滅の日を選択したりと日取りをずらす方法があります。そのほか式場で働いている知人などに社内割引などをお願いするのもひとつの手です。
posted by 費用 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

永代供養の費用

永代供養の費用について
永代供養、という言葉を知っているでしょうか。普通お墓というとお盆などにお参りをする時に見ているようなものを思い浮かべるでしょう。普通のお墓は使用権と墓石を購入しているものですが、例えば身寄りがなくて墓を建てても誰も参りに来ない場合などは高いお金を出して購入するのは少し考えてしまいますね。
そんな時に便利なシステムとして「永代供養墓」があります。お墓参りをしてくれる人が居なくてもお寺などが責任を持ってずっと供養と管理を行ってくれます。ひとりひとりに納骨堂があって小さい墓石があるタイプや、納骨堂はあるけど墓石が無いタイプ、大きな納骨堂に納骨されるタイプなどがあります。
納骨された状態のまま永代供養を行うパターンと個別納骨で一定期間が過ぎると共同の納骨堂に合葬するパターンがありますが、ちゃんとお盆や月供養などをしていただけます。
気になるのは費用ですが、これはお寺やその場所によって変わってきます。平均すると30万円から50万円程度で、もちろん墓石代は必要ないですし、管理費や供養ごとのお布施なども必要ありません。またお寺によっていろいろな宗派などがありますが、永代供養を行う場合には大抵の場合は宗派などは問われないようです。
その他にも夫婦などの複数で申し込むと費用が安くなったり、生前に予約をすると入会費や年会費などが別途必要になったりとお寺によってシステムや料金に差が出てくるのであらかじめ確認すると良いでしょう。
posted by 費用 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

引越の費用

引越費用について
年度末などは大学進学や就職などで引越をする人が増えてきます。就職での引越の場合などはまだお財布にも余裕がないですしなるべく安く引越を行いたいものです。まずは引越をする場合の費用について考えてみましょう。
なんといっても安いのは自分で荷物を運んでしまうことです。身内や知り合いから大型車両を借りたり、小型トラックなどをレンタルすると数千円で済んでしまいます。その場合は引越自体を1人で行うのは難しいので、親や友人などに手伝って貰ってお礼に食事をご馳走したりはしますが数万円もかかりません。
次に安いのは軽貨物車両での引越業者を利用する事です。一人暮らしであればそれほど荷物も多くないのでオススメです。一例を挙げると、引越距離が90キロ以内で8時間、重さ350以下という条件では18400円となります。休日や深夜などの場合は3割程度の割り増しとなりますが、比較的安く抑えられます。
全国展開している大手引越業者の場合はどうでしょう。大手の場合はいろいろな引越パックが用意されていますので、自分のニーズにあったサービスを選択できるのがメリットです。荷物の少ない「単身パック」を利用した場合は重量50キロ程度の荷物では2万円前後の料金になります。ですが価格が安い分、荷物の梱包は前もって自分でやっておくといった手間も必要になります。
最近ではインターネットなどで複数の業者に一括して見積もりを依頼できたりしますので、それらのサイトを便利に使えば引越費用を安く抑える事ができるので積極的に利用していきましょう。
posted by 費用 at 00:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

一人暮らしの費用

一人暮らしの費用について
就職を機に一人暮らしを始めるという人は多いと思います。では実際に一人暮らしをするとどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。ここでは一人暮らしに必要な費用をみていきましょう。
まずは引越です。新居の契約には礼金・敷金・不動産手数料・火災保険などが必要になります。家賃が6万円の物件の相場としては合わせて36万円程度になりますが、最近では礼金は不要な物件が多くなっているので上手に探して費用を抑えましょう。
次に引越代金ですが、最近では単身引越パックなど少ない荷物でお得に使えるサービスがあります。まだ荷物の少ない最初の引越では6万円程度に抑えられるはずです。生活に必要な家電製品ですが、実家のものを流用したりリサイクルショップを利用するなどする事で10万円以内で揃えられます。
そして肝心なのは月々の生活費です。家賃に関しては場所にもよりますが、収入の3割程度にするのが一般的です。次に重要になるのが食費でしょう。料理をするのが苦手だったり仕事が多忙だったりだとどうしても外食が中心になってしまいます。それだと5万円近く必要になってしまいますので、健康のためにも自炊できるようにするとぐっと費用が抑えられます。
後は電気・水道・ガスなどのライフラインに掛かる費用ですが合わせて1万5千円程度になります。水道とガスは月々の料金は上下しませんが、電気はエアコンなどによって結構変わってくるので使いすぎには気をつけましょう。
その他には携帯電話やインターネット接続料、新聞代なども必要になってきます。車に乗る人は駐車場費もかかりますが都心だとこれだけで3万円以上したりするので上京する場合などには良く考える必要がありますね。
posted by 費用 at 01:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

オール電化の費用

オール電化の費用について
最近ではガス給湯などをやめてオール電化にし始めている家庭も増えています。新しいマンションなどでは建てる時からオール電化だったりする事が珍しくありません。便利で経済的と言われるオール電化ですが、それを行うためにはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。
オール電化にする際に考える必要があるのが「電気温水器」にするか「エコキュート」にするか、ということです。どちらもお湯を沸かしてタンクに貯蔵するものなのですが、エコキュートはヒートポンプ式という新しい技術が使われています。どちらを選択するか難しいところですが、まずは費用をみてみましょう。
電気温水器の設置費用はIHクッキングヒーターと合わせてなどで30万円から60万円ほどで、エコキュートの場合は合わせて70万円から100万円程度が相場のようです。こうしてみるとエコキュートはかなり高いように感じられますが、エコキュートには「エコキュート補助金制度」というものがあります。いくつか条件はありますが、1台につき4万円程度の補助金が出ます。
それでもまだ価格差があると感じられると思いますが、エコキュートの最大のメリットは電気温水器に比べて月々の電気代が1/4から1/5に抑えられるということです。オール電化にして長く使い続けていけば設置費用の差額は十分回収できるでしょう。
デメリットとしては電気温水器に比べると故障しやすいのと、お湯を沸かす時の音が少し大きいということです。どちらもそれほど大きなデメリットではないですが、気になる人は事前に確認しておくといいでしょう。
posted by 費用 at 01:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

インフルエンザの予防接種の費用

インフルエンザの予防接種費用について
インフルエンザは毎年のように型が変異するのでその年に流行りそうなタイプのものを接種しなければなりません。

最近では抗体を持っている人が少ない新型インフルエンザも発生しているため、ますます予防接種が大事になってきます。

出来れば定期的に受けたいところですが、予防接種は気軽に受けられるくらいの費用なのでしょうか。


まず気をつけておかなければならないのは、予防接種は病気治療ではありませんので健康保険の対象にはならず実費負担となります。

新型ではない今までの季節性インフルエンザに対する予防接種の料金は2000円から5000円程度で病院や自治体などによってバラつきがあります。

というのも健康保険の適用外であるために、費用設定を自由に出来るからです。

逆に費用価格を統一するのは法律で禁止されているようです。


インフルエンザの予防接種は1度受けてから2週間程度の日数を開けてもう1度受ける事が推奨されています。元々効果があるかどうか解りにくいのですから、念には念を入れておきたいものですね。


新型インフルエンザの予防接種はまだワクチンの数が少ないため、簡単には接種できない状況です。

そのため費用もやや割高になっていて2回接種で6000円から8000円程度になっています。

ですが現在新型インフルエンザの予防接種においては、厚生労働省によって費用が全国一律にするよう指導が始まっているのでこの費用価格は変動すると思ってください。


また65歳以上の方は予防接種を無料で受けられる事もありますので、最寄りの病院や自治体に問い合わせてみましょう。
posted by 費用 at 21:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

インプラントの費用

インプラントの費用について

インプラントという歯科技術をご存じでしょうか。

抜歯した後に差し歯をする事がありますが、そのまま人口の歯を着けても歯茎がぐらついて上手く物が噛めません。

そこでチタンで作った土台を歯茎に埋め込み、その上に歯を作っていくという技術です。

これによって自分の歯と同じような噛み心地を取り戻せます。


とても便利なこのインプラントですが、これを行うためにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。


まず気をつけなければならないのは「インプラントには健康保険が使えない」という事です。

普段の虫歯治療などでは実費の3割程度で済んでいる治療費を全額負担しなければならないのです。




そのため症状によっても費用は変わってきますが、平均すると1本辺り40万〜60万と高額になってしまいます。

このインプラント技術はしっかりとケアを行えばずっと使い続けられるので、高いかどうかは人それぞれ印象が変わるでしょう。


インプラントは1回法と2回法に分かれていますが、どちらも2ヶ月から4ヶ月ほどの期間が必要になります。

2回法では手術が2度になるので手間が増えると思うかもしれませんが、細菌感染のリスクが少ないなどのメリットもあるので医師と相談するようにしましょう。


費用に関してですが、健康保険は使えませんが医療費控除の対象にはなります。

控除のためには年末の確定申告が必要になるので領収書などをしっかり保管しておきましょう。
posted by 費用 at 19:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

MRIの費用


MRIの費用について

大学病院などに行くと解りますが、いろいろな科で様々な検査・治療を行っています。

その中でも大規模な検査としてMRI検査というものがあります。

MRIとは「Magnetic Resonance Imaging」の略で、日本語では「核磁気共鳴画像法」と呼びます。

原理はとても難しいのでここでは磁力を使ったレントゲンみたいなもの、と考えてしまいましょう(;^^)
MRIを行う時は鉄製品などを身につけない状態で、大きな筒状の機械に横になってすっぽり入ります。

あとはそのままですが、かなりの機械音がするので大抵はヘッドフォンを利用します。

この検査自体は長くても1時間はかからないし、注射や薬なども使わないのでリスクはほとんどありません。

ただ強力な磁気を使用するので妊娠中や体内に金属器具が入っている人の場合は医師の判断が必要になります。


MRI検査をしましょう、と医師に言われてもどれくらいの費用がかかるのか不安に思う人も多いでしょう。

MRIは頭部だけとかお腹だけなどの部分ごとの検査を行いますが、部位によって多少の違いが出てきます。

そのほか腫瘍や血管を詳しく調べるためには造影剤というものを利用する場合がありますが、造影・非造影かによっても変わります。


もちろん病院によっても変わりますが、頭部のみで非造影だと6〜7千円程度、心臓部だと1万円をちょっと越えるくらいです。

心臓以外の部位は費用は大体同じくらいで、造影剤を利用すると7割増しくらいです。

もちろん健康保険を適用して3割負担での金額ですので、実費だとかなり高くなってしまう事に注意してください。
posted by 費用 at 12:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。