2010年05月17日

帝王切開の費用

帝王切開の費用について

妊娠出産の際には定期的な検診を行います。

胎児が極端な未熟児だったり逆子だったりで自然分娩が難しいと判断された場合には、外科的手術を伴う「帝王切開」を行わなくてはなりません。


では実際に帝王切開を行った場合は、通常の出産と比べて費用はどれくらいになるのでしょうか。

同じ出産行為ではありますが、自然分娩と帝王切開には根本的な違いがあります。

自然分娩は治療行為ではないので健康保険の対象外ですが、帝王切開の場合は健康保険の対象となります。

それでは帝王切開を行えば出産にかかる費用が3割負担になってお得になるのでしょうか。実はそうはなりません。

健康保険が適用になるのは帝王切開に関わる費用のみで、それ以外の入院費などはそのまま自己負担になってしまいます。

つまり帝王切開は自然分娩での費用にプラスアルファされるということです。

では実際に帝王切開を行うとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。


健康保険が適用されて3割負担で10万円となります。

自然分娩の費用が30万円程度なので合わせて40万円ほどになる計算です。

ですが生命保険に加入していると保険料がもらえますし、10万円の治療費だと「高額医療費制度」を利用すれば還付金の対象にもなりますので忘れず確認しておきましょう。


そのほか、健康保険に加入していると40万円程度の出産一時金やサラリーマンですと出産手当金などの助成が受けられますので帝王切開での負担を軽減することができるでしょう。
posted by 費用 at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。