2010年05月04日

増築の費用

増築の費用について
家を建ててから年月が経つとお子さんが増えたり両親と同居したりと何かと手狭になる事もあると思います。そんな時は増築をするという方法がありますが、家の増築は大がかりですし時間もかかります。どれくらいの費用がかかるのかが一番気になるポイントなのではないでしょうか。
増築の費用と言ってもリフォームの規模はそれぞれですし、業者によっても変わってきます。ここではいくつかの例をご紹介しますが、まずはいくつかの専門業者に見積もりを出してみるようにしましょう。
例えば玄関先のスペースを利用して4畳半ほどの部屋を増築したケースでは、電気設備と電気錠を使用して230万円となっています。増築スペースが小さくキッチンやトイレといった水回りの設備がないので比較的安く済んでいます。2階建ての家を2坪広くしてコンパクトキッチンを設置した例では700万円ほどの費用がかかっています。
これらはもちろん一例ですので同じような増築を行っても費用は変わってくると思います。建築素材や工期など、施工主によって条件はいろいろですが、気をつけなければならない事があります。
家を増築する際にはいろいろな法規を守らなくてはなりません。ひと昔前に違法増築が増えた結果、最近では法規が厳しくなっています。単純に2階建ての家を3階建てに増築…なんて事はまずできないと思って良いでしょう。また、大規模な増築を行う際には「確認申請書類」と「役所の検査済み証」が必要になるので忘れないようにしなければなりません。
posted by 費用 at 01:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。