2010年04月12日

葬儀の費用

葬儀費用について
普段の生活では意識しませんが、ある程度の年齢になってくると経験するようになるのが葬儀です。それほど何度も経験するような物ではないですが、葬儀を突然行わなければならなくなってしまう事もあるでしょう。大抵はいろいろ忙しい中で準備を行う事になりますが、その葬儀の費用ってどれくらいかかるのでしょうか?
葬儀にもいろいろな種類があります。火葬だけで式を行わないようなものから、身内だけで済ませたり、逆に人数を集めて豪華にしたりと様々です。ここでは一般的な葬儀にかかる費用をみていきます。
まずは葬儀社に支払う葬儀料ですが、平均すると150万円ほどになります。それに加えて弔問客に対する飲食接待費として40万円前後、そして寺院に支払う費用として50万円と合計すると240万円程度になります。ちなみに寺院への支払いには読経料や戒名料などが含まれています。
病院側に支払う費用としては遺体搬送費というものがあります。基本料金を1万円として、プラス10キロで3千円、プラス20キロで5千円が追加されるのが平均の相場です。
その他の費用として世話役に1万円程度、手伝って貰った方にも数千円程度の心付けをお渡しするのが葬儀の慣例となっています。そして忘れてはならないのが香典返しです。戴いた香典の半額程度が目安ですが、最近ではギフトカタログを利用するケースが増えています。
葬儀費用を安く抑えるコツとしては、互助会に入って積み立てをしたり特約付きの生命保険を利用するといった方法があります。大抵の葬儀社ではこちらの予算を伝えると、その範囲内で調整してくれるのでまずは相談してみましょう。
posted by 費用 at 23:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。