2010年02月11日

自己破産の費用

自己破産の費用について
借金などの返済が難しくなって経済的に破綻してしまった場合には「自己破産」という手続きを行う事によって、それまでの借金を全て無くする事ができます。それだけを聞くとわざわざ借金を返す必要がないんじゃない? なんて思うかもしれませんが、もちろん簡単には行えませんし、デメリットもあります。
そして当たり前ですが、自己破産手続きを行うためにも費用がかかります。まず自己破産手続きを自分で行うのか、弁護士や司法書士といった専門家に依頼するかで変わってきます。当然自分で行えば安く済ませられ、費用としては3万円程度となります。
弁護士に依頼した場合はどうでしょうか。その場合は着手金として20万円から40万円、それに加えて成功報酬寮として同額の料金が加算されます。これが司法書士になると報酬を含めても30万円程度に抑えられますので、司法書士に依頼するのをオススメします。
専門家に依頼した場合は「法律扶助制度」というものが利用できます。これによって司法書士の場合は10万円程度、弁護士の場合は15万円から20万円ほどの補助金を受けられます。
しかし自己破産には当然デメリットがあります。銀行やクレジット会社などからお金を借りる事が出来なくなったり、マイホームや生活必需品以外のものは売却しなければなりません。そして重要なのは場合によっては自己破産が認められない、という事です。例えばギャンブルで作った借金だったり、会社経営者が帳簿を隠していたりすると自己破産を認められないので注意しましょう。
posted by 費用 at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。