2010年01月24日

永代供養の費用

永代供養の費用について
永代供養、という言葉を知っているでしょうか。普通お墓というとお盆などにお参りをする時に見ているようなものを思い浮かべるでしょう。普通のお墓は使用権と墓石を購入しているものですが、例えば身寄りがなくて墓を建てても誰も参りに来ない場合などは高いお金を出して購入するのは少し考えてしまいますね。
そんな時に便利なシステムとして「永代供養墓」があります。お墓参りをしてくれる人が居なくてもお寺などが責任を持ってずっと供養と管理を行ってくれます。ひとりひとりに納骨堂があって小さい墓石があるタイプや、納骨堂はあるけど墓石が無いタイプ、大きな納骨堂に納骨されるタイプなどがあります。
納骨された状態のまま永代供養を行うパターンと個別納骨で一定期間が過ぎると共同の納骨堂に合葬するパターンがありますが、ちゃんとお盆や月供養などをしていただけます。
気になるのは費用ですが、これはお寺やその場所によって変わってきます。平均すると30万円から50万円程度で、もちろん墓石代は必要ないですし、管理費や供養ごとのお布施なども必要ありません。またお寺によっていろいろな宗派などがありますが、永代供養を行う場合には大抵の場合は宗派などは問われないようです。
その他にも夫婦などの複数で申し込むと費用が安くなったり、生前に予約をすると入会費や年会費などが別途必要になったりとお寺によってシステムや料金に差が出てくるのであらかじめ確認すると良いでしょう。
posted by 費用 at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。